Web業界の動向と今後の求人需要にせまる!

今後のWeb業界の動向を探る
  • 今後のWeb業界の動向を探る - TOP

今後のWeb業界の動向を探る

スマートフォンを代表とするモバイルデバイスの多様化と爆発的な普及により、今や誰もが日常的にインターネットにつながる時代になりました。ネットの世界がより多くの人々にとって身近なものになり、Web業界はまさに宝の山ともいえる産業として無限の可能性をもって成長し続けています。そんなWeb業界の今と、求人を含めた今後の動向にせまります。

Web業界とは?

Web業界はIT産業の中の一分野にすぎませんが、今や数多くのIT長者を生み出す、産業の金山となっています。ほんの20年ほど前に世界初のWebサイトが公開され、この短い期間に爆発的に普及したインターネットとWeb産業は、今後まだまだ成長し、進化し続けるといわれています。転職市場は活況で常に売り手市場です。進化の途上にある産業だからこそ流行廃りも激しく、、そこを活躍の場とする人々は常に時代のトレンドをキャッチして最新情報を吸収していかなければなりません。

Webプログラマとは?

Webサービスのシステムプログラミングを担当するのがWebプログラマです。流行廃りの激しいWeb業界において第一線で活躍し続けるためには、常に最新の情報とスキルを吸収し続けなければなりません。インターネット環境の爆発的普及、デバイスの多様化、クラウド時代の到来などによってWebサービス開発は激化しています。このような状況を背景に、Webプログラマの求人需要は増える一方です。今後も進化し続けることが予想されるこの業界、今からWebプログラマを目指しても遅くはありません。

Webデザイナーとは?

日々、スマートフォンやPCなどで目にしているWebサイト。素敵なデザインや、かわいらしいデザイン、先鋭的なもの、かっこいいデザインなどに、はっとした経験を持つ人もいるのではないでしょうか。見やすいもの、見づらいものなど、この世には実に様々なWebサイトがあります。これらのWebサイトの見た目部分を担当しているのがWebデザイナーです。流行廃りが激しく、次々に新しい技術がうまれるWeb業界において、Webサイトの用途や役割はどんどんその幅を広げつつあります。Webデザイナーの需要が減る気配もありません。

これからWeb業界を目指すなら

Web業界に憧れる人は少なくありません。学生はもちろん、異業種転職でWeb業界を目指す人もいると思います。Web業界全体の現状と実態、そしてWebプログラマの仕事内容、Webデザイナーの役割など、これからWeb業界を目指すにあたり役に立つ知識を紹介します。Web業界は今後ますます進化し続け、次々に新しいWebサービスが開発されていくことでしょう。成長し続ける人にとっては無限の可能性が秘められた業界です。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける