キャリアアップの道はWebディレクター?Web業界求人とデザイナーの選択肢

今後のWeb業界の動向を探る

WebディレクターにStepUp

WebディレクターにStepUp

Web業界で活躍する人材の中でも、Webページを制作するという一つのプロジェクトにおいて、Webディレクターは、その全体を統括し、そのすべてに責任を負います。具体的にはプロジェクトの目的を理解し、その目的達成に最適な手段を考えて、それを実行することが、Webディレクターの基本的な仕事です。そうは言うものの、大きな会社であれば、クリエイティブディレクターやアートディレクター、そしてテクニカルディレクターなどというように、ディレクターと一口にいっても、その中で役職が分かれていることもあります。しかし中小規模の会社の場合、それらすべての役割を一括してWebディレクターが担うことになるのです。そのためWebディレクターと名乗っていても、その実体はデザイナーでありクリエイターでありというように、マルチなスキルや知識を求められる場合もありますし、一段上のレベルから物事を判断する能力や、あるいは対人スキルも重要です。

LINEで送る

Webディレクターになる方法

WebディレクターにStepUp

Webディレクターを目指すのであれば、そのようなポジションを募集している会社に就職したり、プロジェクトに参加することが必要です。そのためまずは、自分がその一員となって仕事をしてみたいと思えるWeb制作会社をリサーチすることから始めましょう。ターゲットが決まれば、その特定の会社において必要とされるWebディレクターはどのような存在なのかを調べてみましょう。そして自分がその理想像になるためには何が必要なのかを考えます。後は必要となるスキルや知識や経験を獲得するために行動すれば良いのです。

Webデザイナーからのステップアップ

Webディレクターとして活躍する上で、Webデザイナーとしての経験を活かせる場面は少なくありません。というよりはむしろ、Webデザイナーとしての基礎がなければ、いくらディレクターを名乗っていても、デザイナーを含むプロジェクトのチームメンバーとの間において、意思の疎通が難しいかもしれません。
それぞれの実力を引き出すために、プロジェクトの目的を共有したり、クライアントの希望を具体化したり、あるいはそれぞれに的確な指示を出すことがディレクターには必要ですが、そのいずれにもデザインは重要な核となるため、それを理解することなくプロジェクトを成功へと導くことは困難といえるでしょう。下手をすれば、ディレクターを間に挟むのももどかしく、クライアントが直接デザイナーと話した方が、よほどスムーズにプロジェクトを進められると判断されてしまいかねません。あるいはデザイナーの苦労を知らずにプロジェクトを進めようとしても、上手く行かずに、そっぽを向かれてしまう可能性もあるのです。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける