Web業界で求人数が増加するWebディレクター。必要なスキルは?

今後のWeb業界の動向を探る

今後のWebディレクターに求められるスキル

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web上におけるサービスの提供が、新たなビジネスチャンスを生むという認識が広がるにつれて、各企業が我先にと開発競争を進めるようになった結果、不況と言われながらもWeb業界は急速に成長しています。Web上には世界中から日々発信される情報が溢れているのであり、その中でも一定以上のユーザーに訴求力を持つサイトを作ることが、プロジェクトにとって至上命題となるのです。このような責任の重い役割を担うWebディレクターという存在は、プロジェクトにおいて今後増々重要度を増すでしょうが、制作スキルやドキュメント作成やリサーチなどはもちろんのこと、更に幅広いスキルが求められます。

LINEで送る

経営学のスキル

今後のWebディレクターに求められるスキル

まずプロジェクトをマネジメントするという立場上、経営学を知っておく必要があります。具体的には財務諸表を読んでその数字の意味するところを理解できたり、その背景を探る能力が求められます。というのもプロジェクトを統括するということは、予算・人員・時間の適切な管理を実現することによって、最大限の効用をもたらすように、クライアントを説得したり、あるいはプロジェクトのチームメンバーをまとめ上げる必要があるのです。この予算・人員・時間の適切な管理能力は、一朝一夕に身に付くものではなく、常日頃から問題意識を持ちつつ、地道に財務諸表などを読み込むなどして養うのです。

統計のスキル

昨今では統計が、他愛もない日常的なレベルから、社運を賭けたマーケティング戦略に至るまで、様々なレベルで活用されるようになっていますが、切り口が変われば数字が変わることを考えると、意識的な操作が可能であったり、また単に数字を読み違えるということも起こり得ます。Google Analyticsが大変優秀なツールであるとはいえ、弾き出される数字の裏には、表に表れない数字が隠されているのかもしれないという点に充分注意する必要があります。数字に使われるのではなく、数字を使う側に立つためには、一過性のブームではなく、使える統計スキルを身に付けなければなりません。

法律知識

そしてあまり馴染みがなく、従って苦手意識が強いであろう法律の知識も、Webディレクターにはある程度必要です。一般的な社会人にとって、民法や会社法の知識であれば、業務に関係しているでしょうが、Webディレクターにとっては知的財産法の知識が不可欠です。というのもWeb上にも法律の規制は当然及んでいるのであり、うっかりが許されないどころか、せっかく立ち上げたサービスによって思わぬトラブルを招いてしまい、結果として多額の賠償金を請求されたり、実体経済における本業を圧迫する事態に陥るという恐れもあるのです。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける