億万長者を生み出す金山、Web業界とは

今後のWeb業界の動向を探る
IT産業の金山

戦後に本格化したコンピュータの開発は、業務用システムの導入に始まって、世の中に一気に普及し、今ではそれらを繋ぐネットワーク環境も、生活に不可欠なインフラとして認識されるに至っています。社会の高度情報化の実現によって、世界経済はグローバル化し、またWeb上には新たなビジネスチャンスも広がっています。日本ではバブル景気崩壊後の不況が長引く中、IT産業だけは活気づいているのですが、この産業を担うITエンジニアが世界的にも不足しており、そのため人材獲得競争は激化しています。そしてこのIT業界の中でも、今注目を集めているのはWeb業界です。

LINEで送る

IT億万長者を生み出すWeb業界

IT産業の金山

GoogleやYahoo!やAmazonといえば、その名を知らぬ者のないほどに、誰しも日常的に利用するWebサービスの提供事業者ですが、その利用者は世界規模で膨大な数に膨れ上がっており、それに伴ってIT億万長者を生み出しています。そのため知名度も高く、IT業界といえば、Web業界を意味するものと考えがちですが、Web業界は飽くまでIT業界の一部にすぎません。
日本国内の2012年の売上高では、ソフトウェア業界の約13兆円、情報処理・提供サービス業の約3兆円に対して、約1兆円という規模に留まっています。もっともこれまでの各企業内部におけるシステム開発や導入も一段落して、ネットワーク環境の整備も進み、それ故にWeb上に出現した広大な未開の地において提供されるべきサービス開発競争は、ますます勝者総取りの傾向を強めています。
そのためこのサービスの提供を担うWeb業界では、金のなる木が急成長を遂げる要素に満ちており、ローリスクハイリターンが魅力です。現にWeb制作には、パソコンが1台あれば事足りますし、その出来栄え次第では次々と自動的に利用者を増やして行くことができるため、初期投資に比して回収できる利益は莫大になる可能性があるのです。つまり誰もが注目するWeb業界は、参入障壁が低く、誰でも一攫千金を狙えるチャンスがあるというわけです。

熾烈な競争と偶然の作用

もちろん誰もが夢見るとおりのIT億万長者になれるという保障はなく、むしろ世界規模での熾烈な競争に晒されるため、必ずしもローリスクとはいえないのかもしれません。爆発的な人気を集めるTwitterやFacebookなどのサクセスストーリーは華々しく語られますが、それだけ広く受け入れられるアイデアを、一般ユーザーの使い勝手の良いように開発し、またそれを絶妙のタイミングで世に出すという過程の中には、偶然が作用する部分も大きいのです。ビジネスチャンスを活かすには、それなりのリスクを担う覚悟が必要です。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける