WEB業界にあるサービスと今後の動向や将来性

今後のWeb業界の動向を探る

提供しているサービス

提供しているサービス

Webサイトやアプリケーションなど、インターネットサービスは毎日使用するといっても過言ではありません。現在、インターネット上には、SNSやキュレーションなどの身近なサービスをはじめとして、様々なサービスが展開されています。Web業界を目指すのであれば、今後の動向や将来性をしっかりと掴んでおきましょう。

LINEで送る

WEB業界のサービス

提供しているサービス

Web業界では、下記のようなサービスを展開しています。

【ポータル】
ポータルサイトとは、検索エンジンやコンテンツへのリンクが集められているWebサイトのことを指します。検索エンジンは、Yahoo!JAPANやGoogle、gooなどの企業が提供しているものに加え、BIGLOBEや@nifty、OCNなどのプロバイダが運営しているケースもあります。そのほかにも、特定の地域情報がまとめられた「地域ポータルサイト」や、企業が業務効率を上げるための「企業ポータルサイト」などが挙げられます。

【Web広告】
Webサービスの中に広告を表示するシステムのことを指します。最近では、文字や画像だけでなく、映像を用いた広告が増加の傾向にあるようです。

【SNS】
友人や知人と情報をシェアすることができるサービスです。具体的には、FacebookやInstagram、Twitterなどが該当します。

【eコマース】
インターネット上で商品を売買できるサービスで、その内容はBtoB、BtoC、CtoCに分類されます。実店舗がないことから維持コストが削減できるほか、ジャンルにとらわれない商品展開ができるのも特徴的です。

【電子書籍】
スマートフォンやタブレットなどの端末で本が読めるサービス。書店に行く手間がないことや場所をとらないというメリットがあります。

【ソーシャルゲーム】
パソコンやスマートフォンで遊べるゲームを指します。すきま時間で手軽に遊べるため、年々人気を集めているコンテンツです。

【eラーニング】
通信教育をはじめ、インターネット上で学習できるサービス。場所や時間にとらわれず、自分のライフスタイルに合った学習方法を選択できます。

【キュレーション】
インターネット上の情報を収集して発信するサービス。収集した情報をジャンル分けしてつなぎ合わせることで、新しい価値を共有しています。

普段利用しているサービスが当てはまった人もいるのではないでしょうか。Web業界は、このようなサービスを日々強化しながら提供しています。

WEB業界の動向

パソコンが一台あれば、Webサービスは低コストで提供することができます。また、近年はスマートフォンが普及しているため、業界はさらなる発展が期待されるでしょう。今後はスマートフォンなどのモバイル端末向けのサービスを主軸として、利便性の高いコンテンツが求められます。変化が早い業界であるため、スピード感のある事業展開に対応していく必要があるでしょう。

WEB業界の将来性

インターネットは、日常生活に欠かせないインフラとなりつつあります。Web業界の市場は拡大を続けており、アイディア次第でビジネスチャンスを広げることが可能です。 市場の拡大に合わせ、転職や就職の求人は増加していくと考えられるでしょう。最近では、フリーランスやリモートワーク、在宅ワークなど、働き方も多様化しています。今後はさらに専門性が高くなることが予想されるため、スキルや経験のある人材が重宝されるでしょう。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける