進化し続けるWeb業界の今後について

今後のWeb業界の動向を探る

これからも進化し続ける

これからも進化し続ける

今や誰もがパソコンやタブレット端末などから、気軽にインターネットにアクセスすることができる時代になりましたが、その歴史はまだ始まったばかりにすぎません。にもかかわらずその勢いは留まるところを知らず、これからいよいよ発展するのは間違いないでしょう。新聞やテレビのような巨大マスメディアが独占してきた、情報発信という役割が揺らぎ始め、部分的には個人の力が増しています。

LINEで送る

歴史的経緯

これからも進化し続ける

インターネットの起源は1950年代に遡りますが、世界初のWebサイトが公開されたのは1991年であり、翌年の1992年に日本発のWebサイトが公開されています。1995年以降にはwindows95がブームとなって、ビジネスの他にも家庭用に、パソコンやインターネットが普及するきっかけとなりました。アメリカYahoo!社の設立も、この1995年です。
1998年にはGoogle社が設立され、また2004年にはmixiのサービス開始と共に、日本国内におけるSNSブームの先駆となりました。同年にはFacebookがアメリカ国内の学生向けにサービスを開始しています。
2006年にはTwitterがサービスを開始し、またFacebookが一般公開されています。翌2007年にはApple社がiPhoneを発売し、スマートフォンブームに火をつけました。そして2012年には携帯電話の契約数のうち、2割以上をスマートフォンが占めるに至っています。

変化が速く流行り廃れが激しい

このWeb業界では、次々と新しい技術が生まれては消えており、変化が速く、熾烈な開発競争を繰り広げています。業界全体として急成長を遂げているということもあって、慢性的な人材不足を抱えており、また新しいスキルや知識を求められる現場とのギャップもあります。この業界で働く人は、平均年齢が33.5歳であり、31歳から35歳が最も多くを占めています。キャリア10年以上というベテランが最も多い一方で、3、4年未満という人も3割ほどを占めるなど、他業種からのキャリアチェンジが多いのも特徴です。

最新の情報を貪欲に吸収

未だ新しいWeb業界とはいえ、これまでの10年ほどの間に開発現場で用いられる技術のスタンダード化が進んでいるようです。もっともこれまでWeb制作に多用されていたFlashが、メモリを消費しやすいという理由でiPhoneやiPadで非対応になるなど、活用場面が大幅に減っており、代わりにJavaScriptが再び脚光を集めるといった変化も起こっています。そしてスマートフォンの普及に伴って、スマートフォンサイトやスマートフォンアプリの制作に携わった経験を持つエンジニアが、着実に増えています。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける