Web業界の求人事情と転職市場をリサーチ

今後のWeb業界の動向を探る

転職市場調査

転職市場調査

今やWebという無限の空間に広がるビジネスチャンスを掴もうと、Web上におけるサービスの開発提供に意欲を燃やす企業が増えています。インターネットでつながったグローバルな世界は、今再び変化しているのであり、魅力的な市場を形成しています。そのためWeb業界では人材不足が深刻化していますが、業界全体の成長のスピードに追いつかない、あるいは技術革新のスピードがあまりに速く、開発現場で求められるスキルや知識と人材とが上手くマッチングしないなど、その解消にはいずれも頭を悩ませています。しかしこのような活気溢れる成長産業には、新規参入の余地もあり、開発現場では10年以上のキャリアを持つベテランに混じって、キャリア3、4年未満の30代が戦力として活躍するなど、転職市場も大いに活気づいています。

LINEで送る

Web業界の転職事情

転職市場調査

Web業界内あるいは外からの転職者に求められるのは、なんといっても即戦力としての実力です。人材を求める企業の開発環境への適応性を重視されるため、トレンドに左右されることになり、例えば最近であればPHPの言語を得意とする、開発実務経験2、3年以上のエンジニアが引っ張りだこになっています。
特にソーシャルメディア系やインテグレーター系企業が、このようなエンジニアを求めている背景には、ソーシャルメディアがユーザーからの厚い支持を受けてプラットフォームとなっていることや、開発力やコンサル力のあるインテグレーターが、人材を抱え込むことの難しい中小のWeb企業からの案件が集中している、といった事情があるようです。

トレンドはスマートフォンやタブレット関連

Web業界が主戦場とするインターネットといえば、当初は軍事的な利用目的から始まって、ごく限られた研究機関等に利用されていました。しかしオペレーティングシステム(OS)やソフトウェアの絶えざる進化に加えて、World Wide Web(WWW)の流行などにより、1995年発売のWindows95をきっかけに、本格的に家庭でWWWや電子メールが使われるようになり、一気に普及したのです。
更に 2000年以降には、ブロードバンド接続サービスの低価格化などが呼び水となって爆発的に普及し、インターネット広告費は年々増加の一途を辿っています。そして2012年の端末出荷台数で3000万の大台に迫るなど、スマートフォンの普及が飛躍的に進んでいますが、最新のトレンドは、やはりスマホやiPhone、そしてタブレット関連であり、これらのハードで利用できるようなアプリやサイトの開発や、またソーシャルメディアのコンテンツが活況を呈しているのです。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける