引く手あまた!Webプログラマの求人需要と今後の姿をご紹介

今後のWeb業界の動向を探る
Webプログラマとは? Webプログラマとは?

Webプログラマとは?

Webプログラマとは、Webシステムに特化したプログラミングを生業とする職業です。Webプログラマの平均年収は約400万円ほどといわれていますが、これはあくまでも平均値であり、1,000万の大台を超える収入を得ているWebプログラマも数多く存在します。Webサービス開発競争が激化している今、Webプログラマの求人需要は衰える気配がありません。これからWebプログラマを目指す人向けに、Web系プログラミング言語の紹介やキャリアアップの方向性なども紹介します。

Webサイトに特化したプログラミング

Webサイトに特化したプログラミング

Webプログラマは、今や誰もが気軽にアクセスできる、インターネット上のサービス提供には、欠かせない存在です。システムエンジニアの設計した仕様書に従って、Webシステムを開発するのが基本ですが、場合によっては設計や全体管理にまで責任を負います。そのためプログラミング言語の習得はもちろんのこと、豊かな実務経験や優れた専門知識は高く評価されるのであり、平均年収400万円とはいえ、年収1000万円を超えるプログラマも珍しくありません。

続きを読む

Web系で使用する言語

Web系で使用する言語

Webプログラマを目指すのであれば、複数のプログラミング言語の習得が不可欠です。もっともプログラミング言語であればどれでも良いのではなく、まず最低限必要となるHTMLやCSSの他、Java ScriptとPHPを学びましょう。いずれも開発現場における需要が高く、将来的にも活用が期待されるものであり、使いこなすレベルにまでは至らなくとも、現場で困らない程度であれば、難易度もそれほど高くはありません。

続きを読む

キャリアの選び方

キャリアの選び方

Webプログラマのキャリアアップは、「深める」か「広げる」かという、2つの方向性から考えることができます。「深める」のであれば、プログラマとしてありとあらゆる開発現場に対応できるスペシャリストを目指して、専門領域のスキルや知識を徹底的に極めることです。一方の「広げる」のであれば、システムエンジニアやプロジェクトマネージャ、あるいはITコンサルタントを目指す道があり、それぞれに求められるスキルや知識に応じて、幅を広げる必要があります。

続きを読む

今後のスペシャリストに求められること

今後のスペシャリストに求められること

プログラマとしてスペシャリストを目指すにも、技術がすべてではありません。スペシャリストとして生き残るには、自分の作り出すものがユーザーや世間にどのような影響を与えるのかといった、想像ができなければなりません。そして新たな知識やスキルの習得に貪欲に挑み、未知の問題を自分で解決する能力が問われます。またコンピュータサイエンスに関する体系的な原理原則を理解しておけば、表面的な変化に惑わされることなく、革新的な技術も効率良く習得できます。

続きを読む

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける