WebプログラマのキャリアはWeb業界からさらに視野を広げることも可能

今後のWeb業界の動向を探る

キャリアの選び方

キャリアの選び方

Webプログラマに限らず、ITエンジニアのキャリアアップは、誰もが同じ道筋を辿るというわけではなく、それぞれの強みを活かしたり、あるいは興味を広げるなどして、実に多様な展開が可能です。確かに会社勤めをしていると、管理職としてプロジェクトマネージャなどといったポジションに収まるのが、お定まりのコースといえるのかもしれませんが、必ずしもそればかりとは限りません。目指す方向性は大きく分けて、特定のスキルをより一層深めて極めようとするのか、それともスキルの幅を広げて手数を増やし、マルチな活躍を望むのか、という2つが考えられます。すなわち「深める」のか「広げる」のかという選択です。

LINEで送る

キャリアの選び方

「深める」キャリアアップ

そこでWebプログラマが「深める」キャリアアップを実現するためには、専門スキルや知識をとことんまで極めることを目指さなければなりません。すなわちありとあらゆるプログラミング言語や開発環境に対応できるように、ひたすらプログラマとしてのスキルや知識の習得に努めます。JavaやC++やVBといったプログラミング言語の習得はもちろんのこと、サーバやデータベースやOSに関する知識も必要であり、その他にも豊富な業務知識が求められます。

「広げる」キャリアアップ

またWebプログラマが「広げる」キャリアアップを実現するためには、システムエンジニアやプロジェクトマネージャ、あるいはITコンサルタントを目指すといった選択肢があります。
システムエンジニアとして、Webプログラマよりも更に上流工程である「システム設計」にも携わるためのスキルを獲得しつつ、顧客対応のためのコミュニケーション能力を磨きます。プログラミング言語やサーバやインフラに関する理解を深めることによって、顧客のそれぞれの状況に合わせた最適な提案が求められ、また分かりやすい仕様書や設計書が書けるということも重要なスキルです。
プロジェクトマネージャを目指す場合には、プロジェクト全体の統括者として、全体を見渡す複眼的な視点を養う必要があります。そして納期・費用・人員に関する進捗管理やリスク管理のスキルを磨き、プロジェクトの進行に応じて適切にスケジュールを管理したり、進捗状況を把握しなければなりません。またクライアントとの交渉力や、プロジェクトメンバーをまとめ上げるマネジメント能力を高めることも重要です。
ITコンサルタントの場合には、より顧客に身近な存在として、顧客のニーズに応じた最適なシステムやネットワーク環境を提案するために、ビジネス環境の分析力を養って顧客の課題を発見したり、事業視点を身に付ける必要があります。顧客の業務内容に関する理解が不可欠であり、幅広い業務知識を要すると共に、プレゼンテーション能力も問われます。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける