求人数増加中!Webプログラマの仕事内容を知る

今後のWeb業界の動向を探る

Webサイトに特化したプログラミング

Webサイトに特化したプログラミング

コンピュータが開発されて実用化されてから半世紀がたちますが、今やネットワーク環境が整備され、誰もが気軽に利用できるインターネット上には、様々な魅力的なサービスが展開されてます。Webプログラマは、このWeb上に溢れるサイト制作に特化してプログラミングを行うものであり、システムエンジニアの設計した仕様書を基に、Webシステムを開発します。もっとも開発現場によっては、システムエンジニアとの仕事の境界が曖昧で、Webプログラマが設計や全体管理まで担う場合もありますが、そのためには豊かな実務経験と専門知識が必要です。

LINEで送る

Webプログラマの仕事

Webサイトに特化したプログラミング

例えばインターネット上でユーザーが、安全快適にサービスを利用できたり、SNSを通じて人とつながることができるのは、Webプログラマのプログラミングの成せる業です。ユーザーにとって、いくらWeb上で便利でお得なサービスを受けられるといっても、面倒な作業は極力避けたいというのが本音です。画面上でどのような操作をして、どれぐらいの時間を掛ければ、どのような結果を得られるのか、という手順は、極力シンプルで分かりやすい方が、ストレスを感じずに済みますし、従って途中で投げ出さないで済むのです。
例えばショッピングサイトであれば、ユーザーが目当ての商品を、商品名などキーワードを入力して検索し、結果として表示される商品一覧の中から、特定のものを選ぶことにより、更に詳細な情報を表示させることができるように工夫されています。
このような一連の動作を実現するサイトの構築には、クライアントサイドとサーバーサイドという2つのプログラムが必要になるのですが、Webプログラマはその両方いずれの開発にも携わって腕を振るっているのです。従ってWebプログラマは、まず第一にプログラミング言語に習熟していなければなりません。

Webプログラマの年収

Webプログラマが活躍するIT業界では、比較的若い産業ということもあって、欧米流の実力主義に基づく評価が比較的浸透しています。もちろんバブル景気の崩壊後に続く長引く不況の中、「失われた10年」を経て、かつて成功した日本型経営の象徴とも言うべき年功序列と終身雇用制は崩れつつありますが、それでも多くの企業において年俸制の導入などは、未だ馴染まないのかもしれません。
しかしクリエイティブな業務であることから、Webプログラマは特に、スキルや実績によって年収に開きがあるのが特徴です。平均年収は400万円ぐらいといわれていますが、この数字もあくまで目安という程度であって、年収1000万円を超えるWebプログラマも現実には多いのです。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける