Web業界でWebプログラミングのスペシャリストとして求められるものとは

今後のWeb業界の動向を探る

今後のスペシャリストに求められること

今後のスペシャリストに求められること

エンジニアにとって、スペシャリストとして生涯現役を貫くというのは、大いなる憧れです。しかしその一方で会社勤めをしていると、年齢が上がるにつれて半ば強制的に管理職としての地位に就かざるを得なくなり、結果としてプロジェクトマネージャやプロジェクトリーダーとしてマネジメントに携わらざるを得なくなるというのも現実です。しかしスペシャリストとしてWebプログラマを極める場合であっても、求められるものは必ずしも技術の追求だけではありません。

LINEで送る

想像力

今後のスペシャリストに求められること

スペシャリストとして生き残る上で重要なのは、まず第一に、自分が生み出すものが他人や社会に及ぼす影響を想像することができるかどうかです。上司やクライアントの指示通りに作るだけでは、いくら己の技術の粋を結集しても、片手落ちといえるでしょう。どれほどユーザーの負担を軽減させられるのか、あるいは世の中にどれほどのインパクトを与えることになるのか、などといった豊かなイマジネーションが、エンジニアには必要です。

問題解決力

またIT業界では、歴史は浅いながら、流行廃れが激しい上に、どんどん新しい技術が生み出されます。そのため昨日までは到底解決不可能であった問題でも、今日は解決できる方法がみつかるかもしれません。あるいは貪欲に新しい技術や知識を習得することによって、開発現場で発生する不測の事態に対処できるよう、常に備えておくという姿勢が重要です。安易に他人に頼っていては、「必要のない人」と判断されて、早々にお払い箱になってしまいます。

体系的な基礎力

そして遥かなる高みを目指すスペシャリストであればこそ、逆に地中深くに巨大な根をしっかりと張っておく必要があります。技術革新の中には、根本的な変革を迫るものもありますが、表面的な変化に留まるものも数多く見られます。コンピュータを利用する環境が刻々と変化する以上、あちこちに変化が生じるのは当然のことであり、それらに一々目を奪われていては、肝心な点が疎かになってしまいます。少なくともコンピュータの原理原則に関しては、この50年ほどの歴史においてそれほどの変化はなく、従ってコンピュータサイエンスの基礎を体系的に理解していれば、鳴り物入りの最新の技術といえども、効率良く習得することが可能になるのです。

成長できる環境を

このようにスペシャリストとして道を極めるにも、実は物の考え方や積極的な姿勢といった、技術云々以前の問題が横たわっています。これらは一朝一夕で身に付くものではありませんが、意識することによって誰もが実践して能力を鍛えることができるのです。まずは自分にとって成長できる環境を選ぶこと、そして主体的に仕事に関わることが大切です。

こちらもオススメ!

今後のWebディレクターに求められるスキル

Web制作の現場において、プロジェクト全体を指揮するWebディレクターは、Web制作に関する技術に加えて、まず経営学のスキルが必要です。財務諸表に並ぶ数字から様々な情報を誤りなく読み取ることができなければ、適切なマネジメントはできません。また戦略的に数字を活用するための、統計スキルも重要です。更にWeb上にサービスを展開するにあたって、自他の財産権を守るためのルールである知的財産法に習熟することが大切です。続きを読む

今後のWebディレクターに求められるスキル
今後のスペシャリストに求められること

Webプログラマが目指すべき方向として、スペシャリストを選ぶ場合であっても、単に技術を磨くだけでは生き残ることが難しいでしょう。そもそも自分が生み出すものが、ユーザーや世間に与える影響を想像できなければなりません。そして日々新たな知識やスキルを身に付けることで、答えのない開発現場における、問題解決力を高めることも必要です。またコンピュータサイエンスの原理原則を体系的に理解していれば、革新的な技術の習得も容易になります。続きを読む

今後のスペシャリストに求められること
これからも進化し続ける

世界初のWebサイトの公開は1991年であり、それからわずか20年ほどで、インターネットは市民生活に欠かすことのできないインフラとなりつつあります。正に蜘蛛の巣のように張り巡らされたネットワークによって、グローバルに世界はつながり、そのWeb上にはまたとないビジネスチャンスが潜んでいます。Web業界では技術革新が次々と起こり、今なお進化の途上にあり、そのためそこで活躍する人材にも、新たなスキルや知識を貪欲に吸収して、新たな可能性を実現することが求められるのです。続きを読む

これからも進化し続ける